RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションした記録

The Record of Renovation

築38年戸建今昔写真集 その2

かなり間が空きましたが…BeforeAfter2回目。
引越しから早くも2か月経ちました。

 

f:id:leedoppo:20171015215209j:plain

今回は2Fの紹介です。
旧間取りをほぼ踏襲していた1Fに比べ、2Fは変化が大きいです。  

 

2F-01

f:id:leedoppo:20170910211445j:plain
急だった階段は1段増やしてちょっとなだらかになりました。
階段上を塞いで収納スペースに。

 

2F-02

f:id:leedoppo:20170910211458j:plain
リビング。8畳間和室の天井を抜いて梁を見せました。
南側のデカイ掃き出し窓と、天窓のおかげで昼間は照明要らずです。

 

2F-03

f:id:leedoppo:20170910211506j:plain
リビングの別アングル。大きな掃き出し窓がとにかく明るいです。
奥の壁には収納力たっぷりの造作壁面棚。(早くも8割くらい埋まってしまいましたが…)

 

2F-04

f:id:leedoppo:20170910211515j:plain
ダイニングの方を見上げて。
猫が昇ってくれたらいいなぁと思って、中央の柱は麻縄巻仕上げ。上の棚に乗れるように穴を空けているんですが、よっぽど元気な猫じゃないと厳しいかも?
あと、奥の壁は自分達で珪藻土を塗った壁です。

 

2F-05

f:id:leedoppo:20170910211527j:plain
リビングからキッチンを眺めて。
間仕切りが無いので畳数の割には広く見えます。
ダイニングテーブルはフローリングの端材を流用して作ってもらいました。床と同素材なので良く馴染みます。

 

2F-06

f:id:leedoppo:20170910211538j:plain

キッチンはサンワカンパニーの「グラッド45」。タイルもサンワカンパニーで、「アンティークカラレクレーリ」という商品。
キッチン作業台はモールテックス仕上げ。水垢がつきやすいけど、それも雰囲気あって良いです。

 

2F-07

f:id:leedoppo:20170910211548j:plain
リノベ前は3畳程の小部屋だったキッチンから作業台越しにリビングを。
作業台にくっついた柱は構造上必要との事で外せませんでしたが、程よく囲まれてる感があり、これはこれで良かったです。

 

2F-08

f:id:leedoppo:20170910211600j:plain
南北にスコーンと抜けた眺めはBeforeAfter変わらず。両側の窓を開けると心地よい風が吹くのです。

 

2F-09

f:id:leedoppo:20170910212059j:plain
北側の和室は作業場に。リビングと繋がっているのでスムーズに作業に取り掛かる事が出来ます。一日の内、滞在時間が一番長い場所になりました。

 

2F-10

f:id:leedoppo:20170910211641j:plain
最後に床。
1F、2F共にアカシアの無垢材を選びました。残念ながら畳はありません。一部屋くらい和室があっても良かったけど、そんな余裕(スペース)は我が家に無かったのでした。

 

 

Before&After、以上です。
住み始めてからの写真はまたゆっくりと更新していきます。

f:id:leedoppo:20171015215338j:plain

 

1F編はこちら。

grapetorii.hatenablog.com

 

おまけ

先週から猫を飼い始めました!

f:id:leedoppo:20171015211512j:plain

f:id:leedoppo:20171015211525j:plain

連れてきた日から即、馴染んでいます。
この子の紹介もいずれまた。