RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションした記録

The Record of Renovation

すぎいたぬり

スプラトゥーン2発売間近!!
だからという訳でもありませんが、今回はペイント特集です。

f:id:leedoppo:20170705004109j:plain

我が家の外装には塗装杉板を貼ります。この塗装作業、普通に見積もりだと作業費含め10万円ほどかかってしまうので、DIYで節約させてもらう事に。

 

仕事は段取り八分

DIYと言っても、材料や道具は工務店R社のYさんが準備してくれたんですがね。現場の手配と養生までバッチリ…。ただ塗るだけなら誰でもできますけど(クオリティは置いといて)、こういう準備があるか無いかで作業時間が全然変わります。
つまり今回はDIYとしては超イージーモード。

 

Yさん様々です!

 

作業を手伝ってくれたTさんにも感謝!

 

f:id:leedoppo:20170705004118j:plain

塗り道具たち。

とりあえず、手前のフローリングワイパーみたいなのの威力がすごいです。効率がもう全然違くて、最初1つしか無かったので途中でホームセンターに追加で買いに走った程です。小口とか細かいところは刷毛が活躍してくれました。

 

塗料はおなじみオスモカラー。2色使いました。

オスモカラー外装用 バサルトグレー


ファサード1F部分に貼る杉板用。リシン吹付の壁面が濃いグレーなので、外装をモノトーン系でまとめてみようと、薄いグレーを選びました。

 

オスモカラー外装用 チーク


2Fバルコニーの内側に貼る杉板用。つまり部屋の中からしか見えない部分です。まさに木!って感じの色。バルコニーに置く観葉植物と相性が良さそうな色にしてみました。

 

作業開始!まずはバサルトグレー色

f:id:leedoppo:20170705004134j:plain

缶をよく振ってからオスモカラーをバケツに移していきます。塗料が固まってる部分があるので棒でよく混ぜ混ぜ。

 

f:id:leedoppo:20170705004055j:plain

塗る前の杉板。約3m板が全部で36枚

 

f:id:leedoppo:20170705004339j:plain

ひとまず1度塗りが終わり乾燥中。集中していて途中経過の写真がありません。作業時間は約2時間ほど。最初は手こずったものの思ったよりマシなペース。

 

ここで一旦昼飯休憩へ。

 

塗りごたえのあるチーク色

f:id:leedoppo:20170705004248j:plain

お次はバルコニー用の杉板。こっちは短くて作業しやすかったです。

 

f:id:leedoppo:20170705004256j:plain

必殺ワイパー。速いしムラになりにくい便利アイテムです。床や造作棚のワックス塗りでも使ってやろうと思います。

 

f:id:leedoppo:20170705004309j:plain

はい、塗り終わりました。薄色のバサルトグレーに比べて塗料のノリが良く、塗ってる感があってとても楽しい。

 

2度塗りでフィニッシュ

f:id:leedoppo:20170705004325j:plain

午前中に塗っておいたグレー杉板のペイント2回目。塗り重ねるとハッキリ色がついて、いい感じです。
※ちなみにチーク色は1度塗りで止めました。着色良好だったので。 

 

そんなこんなでなんとか作業終了 。
朝10時から始めて18時解散の、ほぼ1日仕事になりました。ずっと中腰姿勢作業で普段使わない筋肉を駆使したおかげで腰や脚がギシギシです。でも楽しかったですけどね。こういうノルマがはっきりしてる単純作業は嫌いじゃないのです。

 

塗料が完全に乾いたら、早速外装に貼り付けてもらえるようです。どんな仕上がりになるのか今から楽しみです。

 

f:id:leedoppo:20170705004418j:plain

お疲れさまでした!