RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

このタイミングでフローリング変更とな

f:id:leedoppo:20170618180052j:plain

前回の現場打ち合わせ後「事務所の方でもう少しお話、いいですか?」とTさんに誘われ、私一人で行ってきました。(妻は仕事で離脱)

 

まぁ、この時点で、「何かあったんだろうな」とは予想しますよね。

 

申し訳なさそうに事情を伝えてくれるTさんの言葉を要約すると、

以前ショールームで決めた床材が使えなくなった。
別の床材を選ばないといけないが、もうすぐ床工事が始まるのであまり時間はない。

…と言う事でした。

 

買いたくても買えない辛み

丸嘉さんへ床材探しに行った時の記事。

grapetorii.hatenablog.com

どうやらLee家が選んだ種類の木は輸入品で、工期中に入荷が間に合わない事が判明したそうです。Tさんも「何とかならないの?」と丸嘉さんに食い下がってくれたそうですが、やっぱりどうしようもないみたいで。輸入品はこういうのが怖いですね。

 

ちなみに前の候補はこれでした。アジアンウォールナット・ヴィンテージ

f:id:leedoppo:20170116015048j:plain

長々としたネーミングですが「アカシア」 という樹種だそうで。色味は薄すぎず濃すぎず…表面に加工が施してあり、ラフな表情が特徴の床材でした。妻も私も気に入っていたので使えないのは残念です。

 

さがそう、新たな床材を

気持ちを切り替えて新しい床選びです。Tさんの提案で、高正さんという大阪のフローリング会社を検討してみる事に。

 

なるべく、前に選んでいた床と似た色で探しました。
以下候補。

 

急ぎ取り寄せてもらったサンプル。半分色が違っているのはオイルを塗っているからです。

f:id:leedoppo:20170618180046j:plain

 

無垢フローリングの定番、オーク(ナラ)材が結構良さげ。でも在庫が無かったり、予算オーバーだったり、板の厚さが以前選んでいたものと違っていたり、なかなか条件が合いません。もう床の下地はできているので、板の厚さが変わると天井高が変わるんですね。たかだか数ミリの事なんですけどね。

 

あ~どうしようかな。

 

そうこうしていると、丸嘉さんから提案がありました。
今回入手できなくなった「アジアンウォールナット・ヴィンテージ」の、ヴィンテージ加工前の板なら在庫があるそうなのです。それに未加工な分、値段も少し抑えられるとの事。なんだ、あるんじゃないの。

 

f:id:leedoppo:20170618180059j:plain

サンプルをもらって比較すると、似たような色・質感です。(同じ木だからね) 

ヴィンテージ加工のラフな肌触りも魅力的でしたが、木の毛羽立ちに靴下やストッキングが引っかかる懸念が無くなり、むしろ使いやすくなるとも言えます。それなら結果オーライじゃないかい、という訳で、床材問題は割とあっさり解決しました。

 

ついでに1Fの床も見直してみよう

減額調整の煽りを受けて、1Fの床は安価な杉板を選んでいました。
(※我が家は2Fリビング。1Fは優先度低い。)

まぁ杉板も暖かいし、減額調整の為ならと納得してはいたんですけど、柔らかく傷つき易いのを少し心配していたんですよ。ほら、うちは将来猫を飼う可能性があるので。

 

で、今回検討した高正さんの商品が杉板に匹敵するほどお安かったので、この際だから1Fの床も見直す事にしました。

 

今のところは「アカシア」が候補。
そう、アジアンウォールナットと同じ樹種です。90mm幅なら安い!1Fだから幅狭でもいいのさ。これを採用できれば、1Fと2Fが同じ樹種で統一感が出る事間違いなし?
予算の折り合いがつけば良いなぁと思います。

 

床以外の内装も打ち合わせが進んでおりますが、今回の記事はここまで。