RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションした記録

The Record of Renovation

工事進捗とエクステリア思案

久しぶりの更新です。

工事の様子を記録していくつもりが、月一ブログになりかけています。が、実際そんなに劇的な進捗が無いのも事実で、基礎工事や耐震補強工事は粛々と進められているんですが、なんせ見た目の変化が地味なんですよね…

まぁ言い訳はこれくらいにして本題に入りましょう。今回は写真多めです。

 

基礎工事完了間近

f:id:leedoppo:20170527174708j:plain

配筋施工中の様子。鉄筋の下に敷かれているのは防湿シートです。基礎の通気口を埋めて基礎断熱化する為、床下に湿気がこもらないように地面からの湿気をブロックします。

そして先週、現場を見に行った時の写真。

f:id:leedoppo:20170527165729j:plain

新たに打設されたコンクリートが元の基礎と一体化し、布基礎からベタ基礎にクラスチェンジ。リノベ後の間取りがなんとなく見えてきました。

 

f:id:leedoppo:20170527165822j:plain

水道工事も進んでいました。最近の配管は途中で分岐させず、写真のように元栓から直に設備へ繋げるヘッダー工法が主流とのこと。接続部が一か所に集中する為、メンテナンス性が高いそうです。青色で塗られているのが給水管、赤色が給湯管です。

 

補強工事も進んでいます

耐震基準法とか関係ない古家なので、耐震補強もがっつりやります。それなりの費用はかかりますが安心には代えがたいです。それと市からの耐震リフォーム補助金も貰えます。(審査通りました。やったぜ。)

 

f:id:leedoppo:20170527180600j:plain

柱が新設されていました。引き抜き金物で梁にしっかり固定されています。この後、筋交いも通していきます。

 

f:id:leedoppo:20170527165848j:plain

腐ってしまっていた浴室周りの柱も、新しい木材で補強されました。 

 

f:id:leedoppo:20170527165917j:plain

これは古い柱。解体前は壁の中に隠れて見えなかった裏側が縦にパックリ割れています。1本だけでなくどの柱も見事な割れっぷりで「やっぱり築38年だとこんなにボロボロなんだなぁ…怖いなぁ…」と勘違いしたのですが、どうやらこれ、背割りと言うきちんとした工法だそうです。

昔の柱は一本の木から切り出されているので、乾燥していくと木の伸縮でひび割れが生じます。どこで割れるか分からないと場所によっては致命傷です。ならば最初から割っておこうよ、という事ですね。

なお現在は集成材が主流なので背割りはしません。

 

外観を決める時がやってきました

我が家の外壁は1F杉板貼り+2Fリシン吹付のツートンです。汚れに強いタイルもいいけど、予算的に無理でした。まぁ杉板も汚れたら上塗りできるので良いさ。

ちなみに杉板は外壁用のオスモカラーで着色します。家具リメイクでもおなじみの自然塗料ですね。ええ、自分で塗りますとも。これで10万円くらい安くなるなら喜んでやりますよ。

 

f:id:leedoppo:20170527165947j:plain

Tさんが外観のカラーサンプルをたくさん持ってきてくれたので、太陽光の下で検討しました。微妙な色の違いでも大面積になると結構印象が変わりそうで悩みます。

 

まだ猶予がある外壁に対し、もうすぐ葺き替え工事が始まってしまう屋根はすぐに決める必要がありました。特にこだわりもないし、どの外壁パターンでも合うようにガルバリウム鋼板で決定です。

 

f:id:leedoppo:20170527171939j:plain

雨樋の色も選べるみたいです。屋根色のパターン(画像左)の豊富さに比べて、雨樋は無難な色しか無いです。まぁ雨樋主張する必要無いですしね普通は。屋根に合わせて雨樋もかな。

 

カラーシミュレーション

f:id:leedoppo:20170527172057j:plain

家に帰ってから図面に着色して検討したりしてました。外観全部を晒す勇気が無いので画像は部分的にトリミングして載せています。

 

最初は画像中央のような「白系壁+濃茶板」のパターンを考えていました(Tさんが)。いわゆるカフェ風?板色をもっと濃くすれば酒蔵風にもなりそうですね。周りの家々も茶系が多く、町並みによく馴染むことでしょう。

でもカラーサンプルを組み合わせているうちに、画像左の「黒系壁+薄色板」のモノトーン系もいいなぁと。杉本来の色のままでもいいですし、グレー系で薄く塗るのも良さそうです。家の前に停めるマイカー(赤色)が差し色として映えそう。

ただ黒系と言っても色々なニュアンスがあって、画像右のような、ややグリーンが入った色合いも意外と好きかもしれません。この場合は杉板はもう少し濃いめが良いのかな。

 

…という感じで、家の中が快適なら外面は関係ない!と思っていたのに、いざ決める段階になって超悩んでいます。来月前半には決めなければ。毎日出かけるときや帰ってきたときに我が家を見て後悔しないような、納得いく形にできたらと思います。