読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

【猫本】建築知識2017年1月号を手に入れた

ようやく買えました…

f:id:leedoppo:20170309024332j:plain

建築知識 2017年1月号』(エクスナレッジ)

 

本来は業界人向けの雑誌なのですが、この号は一冊まるごと猫特集。一般の猫好きに注目されたせいか書店では売り切れ続出だそうで。ネットでは価格が高騰しております。

 

私自身も、僕。さんの記事で知ったんですがね。

www.bokunosippai.com

 

猫との暮らし

まず言っておくと、Lee家は猫を飼っていません。これまで飼った事もありませんが、実家の両隣が猫を多頭飼いしていたので、外に出れば猫達が寝転んでいるような環境でした。(だからあえて飼わなかったというのもあります。)

犬か猫かと言えば猫派な私。

ちなみに妻は犬派ですが、福岡に住んでいた頃に近所の野良猫と仲良くなったのがきっかけで猫も好きになったようです。ファミマの前に住み着いていたサビ柄の可愛いやつでした。結局その猫は誰かに拾われてしまいましたが、ペット禁止の賃貸でなければうちで飼いたかったのです。

 

てな訳で、家を買ったら猫と暮らしたいなーとずっと思っていました。せっかく家をつくるなら猫の飼育を意識したいですよね。でも飼った事がないから想像に頼るしかありませんでした。

そんな私達にとって『建築知識2017年1月号』のタイムリーな特集がバッチリ刺さったという訳です。

 

本をどこで買うのか

早速、Amazonで買おうとしたら2600円くらいでした。
あれ、こんな高い雑誌なの?と思ったら、定価より1000円も高い。

これ、割とよくある事で、Amazon在庫が売り切れるほどの希少商品に対し、価格を吊り上げて販売する店(マーケットプレイス)が現れます。皆が欲しがるものは価値が上がる…市場原理からすれば自然な流れかもしれません。だけど差額が出版元に届くわけでもないし、そんな足元見るような輩に余分なお金を払うのは何かイヤ。絶版本なら仕方ないですが、まだ発売されて間もない商品だから尚更ですよ。

 

じゃあリアル店舗で探そうと、足を使って書店を巡りますがどこにも売ってません。Twitterでも手に入らないと嘆いている人達がちらほらと。不思議なもので、すぐ手に入らないと何としても欲しくなるのが人の性。

 

結局どうしたかと言うと、書店に入荷次第取り置きしてもらうようお願いしました。10日くらいかかると言われていたのですが、翌日に入荷の連絡が来ました。やったね。

欲しい方は、ネットで定価より高い値段で買う前に、まずは近くの本屋さんに電話してみるのが良いかもしれません。

 

ちょっと変わった雑誌?

この『建築知識』、バックナンバーにも色々変わった号があるようです。

matome.naver.jp

表紙が思いっきり萌えイラストだったり、漫画絵だったり。普段から購読している建築士さんは、一瞬何の雑誌だか分からなくなりそうですね。建築系雑誌のいわゆるスタイリッシュでオシャレなイメージに対し、なかなか挑戦的で面白い雑誌だなと思いました。

最新の2017年3月号は「リノベーション特集」です。これも気になる…

 

また、出版元のエクスナレッジからは、家づくりの参考になる書籍がたくさん発売されています。絵や図が多く初心者にも読みやすくてオススメです。

 

特にこれから家づくりを始める人にとってはかなり参考になるのではないかと。 

 

ところで先日、Tさんと打ち合わせをした際に『建築知識』を持参しまして、雑誌から得たノウハウを設計に反映してもらう事になりました。キャットウォーク的な造作をどうするか悩んでいたんですよね。

早速役に立って良かったです。