読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

LANのPLANNING

ただ今、見積もり待ち状態で悶々としています。
週末には結果が出るそうです。はよ、はよ!

 

待ちぼうけてても仕方ないので、今回はネットについて書きます。

f:id:leedoppo:20170301003304j:plain

今やインターネット無しの生活など考えられません。PCに限らず、ゲーム機、家電、最近では動物まで、何でもかんでもネットで繋がる時代です。オンラインでなければこうしてブログを書くこともできませんし。

 

そんな便利なインターネットですが、家の環境の悪さにガッカリしています。不安定で途切れる回線、無線の速度不足…orz

Leeの仕事柄、職場のネットワーク環境がしっかりしている反面、尚更ストレスが溜まるわけです。せっかく家をつくるならばここは妥協はできないポイント!住宅設備やインテリアに匹敵する重要事項です。

 

我が家の配線計画

賃貸だと端子の場所が決められていますよね。

今住んでいる約築20年マンションの場合、キッチンの横(何故)に1つあるだけです。WiFi環境があるのでスマホくらいなら問題ありませんが、動画配信やゲームのオンラインプレイ等、帯域を喰う通信だと途端に不安定になります。

 

考えられる原因としてはこんなところですかね。

  1. 部屋の間仕切りが多く、物理的に通信が遮断されている
  2. マンション共有の回線設備が貧弱である
  3. 無線LANルーターの性能

 

一番の解決方法は有線接続です。近年は無線性能も向上しているとは言え、有線に勝るもの無し。部屋越しにケーブルを這わせるのが見苦しくて我慢してきましたが、リノベーションなら自分の好きな部屋にLAN端子を設置する事ができます!

 

配線図はこんな感じ。青色ルーターから直接配線。赤色は壁内配線です。

f:id:leedoppo:20170301005056p:plain

2FのLeeのワークスペースが拠点です。ここに光回線を引き込んでモデム→LANルーターと接続し、そこから各所に宅内ネットワークを配線します。

  • 2F:壁面棚 / メインTV&ゲーム機
  • 2F:ダイニング / 小型TV
  • 1F:土間収納 / プロジェクター
  • 1F:寝室 / 小型TV
  • 1F:予備室 / 将来に備えて一応

主要機器は一通り有線接続できる予定です。 すばらしい。

 

LANケーブルにも色々あるらしい

次に具体的な機器の選択ですが、モチはモチ屋と言う事でプロ(=職場のネットワーク管理者である上司)に助言を乞いました。

 

LANケーブルなんて色と太さが違うくらいでしょ?と思っていたら、規格が色々あるみたいですね。 

LANケーブルの種類 通信速度 伝送帯域 備考
CAT5e 1Gbps 100MHz 普及帯。安価に手に入る。一般家庭なら十分。
CAT6 1Gbps 250MHz 通信性能がUP。CAT5e以前に比べ太くて重い為、取り回しの難易度もUP。
CAT6a 10Gbps 500MHz CAT6よりさらに性能UP。長距離でも速度が出やすい。
CAT7 10Gbps 600MHz 上述の規格に対してケーブル構造自体が異なり、ノイズ耐性を持つ。価格も一番高い。

水道に例えると、こんなイメージ。

通信速度=水の流れる勢い
伝送帯域=水道管の太さ

要するに数字がデカい方が高性能で、価格も高くなります。

 

上司曰く、コストバランスと将来性を考えると「CAT6aにしておけば良いんでは」との事でした。どんなにケーブル性能が高くても、通信サービスや機器側(モデム、ルーター)の性能が追い付かない為、家で使うにはオーバースペックになってしまいます。

 

無線LANルーター買い替え

先に載せた図にある通り、Leeの作業机の下がネットワーク拠点になる予定です。PC等もここに集中するので都合が良いのです。

 

で、無線化および回線分配の為に、ルーターを設置する事になります。今使ってるのがBAFFALOのこちらの製品。

buffalo.jp

でも引越しを機に買い替えます。
契約検討中の光回線サービス(eo光)の速度を活かしきれないのと、最近はこの機種が対応していない無線通信規格も増えている為です。

 

電気屋さんに行くとBAFFALO製品を多く見かけるので、これがスタンダードなんだろうなぁと思っていましたが、上司の一押しはNECだそうですよ。

121ware.com

 

スイッチングハブの設置場所に注意

我が家は最大7か所に回線を分配します。でも大抵のルーターに搭載されている端子数は3~4つ程度。よってハブを中継して線を枝分かれさせる事になります。LANのタコ足配線ですね。

 

このハブ機が結構を持つらしくて。

配線周りを見せたくないからと密閉空間に押し込んでしまうと、夏場など最悪発火の可能性もあるそうです。皆さんのとこ大丈夫ですか?まぁおそらく会社のように分配数がめちゃ多いケースを想定してるんだと思いますが、一応の安全の為、設置場所には通気性を確保できるように考えています。

 

そして何よりも、埃が溜まらないように定期的な掃除も大事ですね。

 

※本記事は上司の助言を聞きかじって書きました。もしかしたらズレた内容があるかもしれませんが、詳しい方は優しくご指摘頂けると幸いです。