読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

古建具をさがしに その2

内装・建具

玄関土間と廊下を仕切る戸の話のつづき。

井川建具店さんで希望に合う建具が見つからず、今度は丸嘉さんの古建具を見に行く事に。ここはフローリングだけでなく古材も多く取り扱っているのです。しかし、なかなか夫婦で時間の都合が合う日が無く、「いつにしようかねー」と悩んでいる間に、建築士のTさんが見に行ってくれました。やったー!

 

Tさんセレクションの古建具たち

Tさんからメールで画像が届きました。なんと大量にある在庫全て確認し、その中からサイズと見た目が良さげなものを選んでくれたそうです。頼りになります。

古材市場からのチョイス
上図の4種類が候補に残りました。

どの引き戸も、幅は十分にあります(850~900mm)。少なくとも家具が搬入できなくて困るといった事はなさそうです。

 

でも、高さが1700mm弱しかありません。我々背の低い夫婦なので日常生活にはギリ困らないと思いますが、もう少しゆとりが欲しい気がします。

そして何よりも見た目がいまひとつピンと来なくて。多少サイズに難があっても、よっぽど気に入った商品なら不便を受け入れられると思うのですが、そこまでではない…という感じですかね。

 

丸嘉さんの在庫には今のところ他の選択肢は無さそうだという事で、私達が現地に見に行くのはひとまず保留に。代わりにネットで商品を探し始めました。

 

古建具さがしオンライン 

ググッてみると、古建具を取り扱っているお店は結構あるんですね。

 

名古屋。

antique-fukiage.shop-pro.jp

神奈川。

www.kofukuan.jp

東京…。

hideshina.jp

 

見た目も素敵で、サイズも良い感じの商品が色々あるじゃないですか。気軽に見に行けないのが悩ましい。首都圏はお店多くていいなぁ。

あと忘れてはいけないのがお値段。「おっ!」と思う商品はやっぱり値段も高くて…10万円とか越えてくると、もはや造作と変わりません。せめて5万円以下で良いのは無いかなぁ。

 

君に決めた 

そしたら、上に挙げた「ひでしな商店」さんで良さげな戸がありました。

良さげな戸

値段は許容範囲。サイズ良し。デザインもレトロ写真館的な雰囲気があり、なかなか好みです。そして送料が思ったより安いです。(10000円以上とられるところもあるので油断ならない!)

 

ちょっと変わった装飾
この曲木で彫り込まれた部分が変わってて好きです。
洋過ぎず、和過ぎず…

 

早速ひでしな商店さんに問い合わせて、詳細写真を色々送ってもらいました。裏面とか細部を確認した感じ、多少の黒ずみや剥げは見られますが、土間の照明計画次第では目立たないと思います。

他に問題もなさそうなので、この古建具に決めました。

 

ただ、ひとつ困った事に、基本的に個人宅には配送できないとの事でした。現場で受け取ろうにもまだ着工前なので人がいません。大型家具ゆえ時間指定も不可だそうで、何も無い空き家に待ちぼうけは辛いぞ。

結局、配送先はTさんの事務所を指定し、そこから現地までTさんが運んでくれることになりました。最後までお世話になりっぱなしです。ありがたや~。

 

実物が届くのが楽しみであります。

 

初見の方は前回の記事もどうぞ。

grapetorii.hatenablog.com