読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

ショールーム探訪【4社比較編】

設備

いよいよ大詰め…最後のショールーム探訪

新年会やら何やらでPCの前に座る時間がとれず、投稿が1週間ほど空いてしまいました。前回のフローリング選びの翌日の話を書きます。

 

雪だるまが作れるくらいの積雪

先々週末の京都は珍しく大雪で、雪景色の金閣寺伏見稲荷の綺麗な写真がSNS等にアップされていたりしました。そんな雪の降る中、私達夫婦とTさんはショールームを回ってきました。
以前サンワカンパニーに行った時はそれだけで半日かかったのに、今回は1日で4社です。なかなか予定が合わなくて、少々無理せざるを得ませんでした。(Tさんもありがとうございました)

 

今回は「バスルーム」と「トイレ」をウォッチ。これらが決まれば、ひとまず大きな決め事は終了となります。がんばるぞ!

 

住設業界の大手4社巡り

この日行ったのは以下4社。

 

LIXIL

言わずと知れた業界最大手。5ブランド(トステムINAX新日軽・サンウエーブ・TOEX)が合併して生まれた、装いは新しくも中身は老舗な企業です。LIXILではバスルーム&トイレ以外にも、窓サッシや玄関ドアなど色々採用予定。

 

TOTO

本社は北九州市小倉(実家から近い)という事で親近感が沸いてしまいます。水回り、特にトイレと言えばTOTOでしょう。実家(燃える前)のトイレも、職場のトイレもTOTOなので、座り心地への信頼は厚いです。お風呂はどうかな?

 

Panasonic

「えっ、家電メーカーじゃないの?」と思っていた時期が私にもありましたが、住宅にも強いPanasonic。家に関する事ならほぼ全部網羅しているようです。そもそも設備だけじゃなく家自体作ってますしね(パナホーム)。我が家のポスト、一部建具、電気スイッチなどにもPanaを採用予定。

 

ノーリツ

給湯器の会社という印象ですが、お風呂の歴史も意外と古いです。ショールームに行って始めて知ったのですが、子会社にハーマンを抱えており、コンロの分野でもトップブランドです。ちなみにトイレは作ってません。

 

長くなるので、各ショールームの話は次の記事にて。

 

Tさんにお昼をごちそうになりました

Tさんが内装を手掛けたお店

朝の部が終わってランチへ。

Tさんが内装を手掛けたカフェに連れて行ってもらいました。Webサイトで建築事例はたくさん見たけれど、実際の現場に行くのはTさんとこのカフェ以外に無かったので何か新鮮です。古民家風とか和モダンが強いイメージでしたが、こんな仕事もしてるんだなぁと。うちもええ感じになりますように…

ご飯はとっても美味しくて、また来たいと思えるお店でした。

 

腹ごしらえできたところで後半戦へ!

雪に足跡

 

1社あたり約2時間の滞在で、計8時間。もっとサクサク進めるつもりでしたが、いざショールームで説明を聞いてるとすぐに時間が過ぎていきます。こちらとしてもン十万円の買い物なので、適当に選ぶ訳にもいきませんし。

それでも何とか全て回り終え、バスルームとトイレそれぞれに候補を絞り込みました。あとは見積もりを待つのみ!(定価見積もりはもらってますが、工務店見積もりでどれだけ割引されるかが読めません。サンワカンパニーと違って分かりにくいですねー。)

 

さてLee家はどのメーカーを選ぶのか?

詳しくは次回