読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

リノベーション前の内観

わたしの家

改修前のWeb内覧会

昨年12月、正式に購入した中古戸建。リノベーションでガラリと変わってしまう前に、現状の内観をご紹介します。実は私も物件検討時に見たっきりなので、改めてじっくり観察しました。内覧会らしく写真多めでお送ります。

※一応片づけられていますが、古く汚れた設備などの写真が苦手な方はご注意ください。

 

内観1:玄関周り

旧内観:店舗部分

旧内観:店舗部分2
玄関横に増築された店舗があります。以前は魚屋さんだったそうです。

旧内観:玄関
玄関ホール。板張りの壁に昭和を感じます。寄贈されたものらしい、大きな鏡が取り付けられています。鏡に魚屋さんの店名が刻まれていました。

内観2:玄関脇の和室

旧内観:6畳間
玄関すぐ横に6帖間。窓の向こうが店舗につながっています。増築前はここが一番外向きの部屋だったんですね。

内観3:ダイニングキッチン

旧内観:LDK
廊下からの眺め。キッチンと和室が隣り合っています。壁に取り付けられた手すりが、前住人の高齢化を思わせます。

旧内観:南の部屋
この和室にちゃぶ台置いて食事してたのでしょうか。南向きの部屋なので陽が差して暖かったです。縁側スペースが気持ちよさそう。

旧内観:キッチン
和室からのキッチンの眺め。

内観4:水回り

旧内観:お風呂
当然のようにタイル貼り在来工法の浴室。すんごく寒い。

旧内観:トイレ
おトイレ。やっぱり手すりが多いですね。ここもタイル貼り。

旧内観:洗面所
1帖ほどしかない洗面スペース兼脱衣所。

内観5:2階和室

旧内観:階段
階段上から俯瞰アングル。結構傾斜がきついので、リノベ後は段数増やして少し軽減してもらう予定。手すりとか床材とかが木組みで質感はなかなか良いです。

旧内観:2Fの8畳間
2Fの8帖間。旧間取りでは家の中で一番広い場所。

旧内観:床の間
床の間もあります。「The 和室」ですねぇ。リノベーション後のプランでは和室無いんですけど、もっと広い家なら1室くらい和室にしたかったです。

内観6:坪庭

旧内観:小さい庭
1Fにもどりまして…ささやかながら3帖くらいの広さの庭があります。我が家は接面道路が北向きゆえに、奥側の庭が南向きで陽当たり良いです。(裏に建物が無いので)
でも、洗濯干し場に使うだけではもったいない。家庭菜園でもやろうかな。

で、隣地との境界壁になぜか扉がついています。元々は2軒の持ち主が同じだった頃の名残だそうで。そんな自由に行き来できても困るので、さすがに埋める予定です。

 

最後に旧間取り図。これまで何度か見せていますが。

旧間取り

各写真の場所、どこか分かりました?
新間取りのご紹介は、また次回に。