読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

工務店さん登場

京町屋

Lee家のリノベーション工事を請け負ってくれるK工務店との初顔合わせ&契約を済ませてきました。場所はいつものTさんのカフェにて。

 

木を愛する男

工務店の若社長(Gさんとします)は私達夫婦と同じくらいの年齢で、Tさんからしたら結構年下なのですが、とても丁寧な施工をしてくれる工務店だとTさん評価は高いようです。私も契約の場で小一時間話しただけですが、家づくりに対しての真面目な姿勢が伝わってくる感じで、信頼できそうだなぁと思いました。

Gさんはとにかくが好き過ぎて、自ら山へ行って山師と交流を持ち、良い丸太を選んで、自分の所で製材までやってしまいます。国産木って高いイメージがありますが、実は輸入物とそんなに違わないのに流通経路を経る事で値段が上がってしまうんだとか。K工務店はこれをすっ飛ばして山から直接買う為、適正価格で提供できるんだそうですよ。古い業態を崩していくスタイル、いいですね。

 

Gさんこれからもよろしくお願いします!
登場人物紹介に追加しました。

 

ちなみに山は1つ300万円くらいで買えると言ってました。家より安いじゃないか。

 

多めに借りる方が得?

プラン決定→工事見積もり→工務店契約…が本来の流れですが、銀行の都合でどうしても融資前に工務店契約書が必要らしく、今回はTさんにお願いして順番前後させてもらう事に。Gさんにも大急ぎで見積もり書を作成していただき、かなりドタバタさせてしまいました。申し訳ない…(Gさん、まだ家の中も見てないってのに) 

 

で、工事見積もりが暫定なので、借り入れ額も推測から設定するしかありません。資金ショートを避ける為、余裕を持って多めに借りる事にしました。(特に耐震工事にどれくらいかかるか未知数。)何事もなければン百万余るので、正式見積もり出たらすかさず繰り上げ返済の予定ですよ。

 

ローンシミュレートして気づいたのですが、例えば

  1. 3000万借り入れ
  2. 3200万借り入れ、1月後に200万繰り上げ返済

↑の場合、期間短縮型繰り上げなら2の方が総利息額少ないんですね。なんじゃそりゃ。もちろん借り入れが多い分、月返済額は増えますけどね。

 

Leeがローン計算する時はいつもここ。使いやすいです。

loan.mikage.to

 

差し入れ選びのセンス

ところで気が早い話ですが、工事が始まったら大工さんへの差し入れとかってどうしたらいいのでしょうね?いや、こういうの選ぶの苦手なんですよ。誰かの家に招かれた時に持ってく手土産も然り。

でも福岡から京都への引越しの時、よく分からないので自分が日頃から常用してるレッドブルを渡したら、引越し屋さんの評判がえらい良かった覚えがあります。

 

伊藤理佐の『やっちまったよ一戸建て!!』によると、漬物やフルーツがおすすめだそうです。ふむふむ。

やっちまったよ一戸建て

ただしこれは夏の話ですよね。我が家の工事は2月開始の予定。もっと暖かいものがいいのだろうか。それとも身体動かす現場では季節関係なし?

うーん、工事始まるまでに考えておこう。

 

 

『やっちまったよ一戸建て!!』伊藤理佐 / 文春文庫

独身女性漫画家が新築戸建を建てるまでのお話。以前紹介した『プリンセスメゾン』と同じようなテーマなのに、こちらは完全にコミカル路線です。オススメ。