RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションした記録

The Record of Renovation

家に何を求めるか

f:id:leedoppo:20161125021808j:plain

過去の家

どうせリノベーションでガラリと変わるので公開しちゃいますね。上図が現在の間取りです。窓は省略しました。実は、しれっとブログのタイトル画像にもなってます。

 

昔の家にありがちな小さい部屋に分かれた間取りは、ただでさえ狭い建物がより一層狭く暗く感じました。の割にホールが無駄に広かったり、一番陽当たりの良いはずの南端に浴室があったりと、今から見れば「?」な配置なのですが当時の生活スタイルではこれがベストだったのでしょうか。1帖しかない洗面所。洗濯機置き場も見当たらず、おそらく屋外置きだったのではないかと思われます。極めつけは建物に若干傾きがあるとの事。(素人感覚ではよく分かりませんでしたが…)

これはリノベーションしがいがあるんじゃないですかTさん。

あ、でも内装に使われている建具、階段手すり、タイルなどはかわいいなと思いましたよ。今みたいに化粧板じゃなくて本物の木材なので素材感があります。2F床の間の柱も良い風合いでした。昭和レトロなインテリアにするのなら色々流用できたかもしれませんが、今のところ我が家のイメージはそっちではなさそうです。

 

 未来の家

先日、Tさんからファーストプランのプレゼンを受けました。お会いするなり開口一番「いやぁ、いいのできました!ボクが住みたいですわ!」と自信満々なんですよ。ええー、いいんですかそんな自らハードル上げるような事を…と思いつつ話を聞かせてもらいましたところ

 

文句ないですこれでいきましょう!

 

って即答しそうになるほど、素敵なプランに仕上がっていました。私も素人ながら、現状の間取り図とにらめっこしてリノベーション案を練っていたのですが、 さすがはプロ。私が全然考えもしなかった空間の使い方になっていて、とても同じ広さの家とは思えません…Tさん見直しました。(別にみくびってもない)

 

間取り変更の落とし穴

最も大きなポイントとして、我が家は2Fリビングを採用しています。北向き道路の立地で、現状は裏(南側)を塞ぐ建物は無いものの将来はどうなるか分からない為、1Fの部屋が暗くなってしまう恐れがありました。天窓や吹き抜け等で光を取り込む事は十分可能との事でしたが、やっぱりリビングは少しでも暖かい場所がいい。

また、I社のRさんが最後にくれた助言の中に「直下率」というのがありまして、不用意に壁を取り払うと2Fを支えきれなくなる恐れがあるそうなんですね。リフォーム、リノベーションでは当たり前に行われる間取りの変更が、きちんと計算しないと大惨事にも繋がりかねないわけです。Nスペでも特集されていました。

www6.nhk.or.jp

そういう事も踏まえて1Fに小部屋を残すのは良いかもしれないと考えました。

 

今回のファーストプラン、ほぼほぼ文句のつけどころの無い提案でしたが、こちらから修正をお願いした点は以下の3点です。

 

TVの居場所

我が家は日常的にあまりTV番組を観ません。主にはこんな感じ。

  • 映画を観る
  • 据置ゲームを遊ぶ
  • 録画しておいた特定の番組を消化する

Tさんプランではリビングの壁一面を使ってTV台が設けられていました。ベーシックで使いやすい配置だと思います。が、貴重なリビングの一等地を使用頻度の低いTV置場に使うのはもったいない気が。Tさんもすぐに同意してくれました。

というわけで現在使っているTVは1Fの寝室か予備室行きです。ただ2FでTVを観る手段が全く無くなるのは少し不便なので、妻のiMacをTV兼用にする案を考え中です。

www.pixela.co.jp

 

洗濯機と物干し場所

かつて妻は言いました。

「洗濯機から干す場所まで近いのがいい」

Tさんプランでは、2Fバルコニーの半分をサンルームとして囲い、その中に洗濯機を置くというものでした。なるほど、洗ったらすぐ陽当たりの良いバルコニーへ、雨が降ってもサンルームの中に干せるわけですね。良さそうだなと思いましたが、妻から待ったが入りました。

「取り込んだ洗濯物を1Fまで運ぶのが大変じゃないのか」

ううむ確かに…今の賃貸マンション暮らしでも、取り込んだ洗濯物は物干しに引っ掛けたままカーテンレールにぶら下がっている事が多いです。その日使う靴下とかを物干しから直接外して履く感じ…分かりますかね?ましてや衣服の収納場所と階が違うとなれば、サンルームにずっと干しっぱなしもあり得ます。せっかくのリビング大窓からの眺めが洗濯物ってのも何だかな~。

 

結局、洗濯機は1F洗面所に移動し、家庭菜園に使う予定だった南側の小さい庭を物干しスペースに変更しました。ここも陽当たり悪いわけじゃないですからね。植物はプランターになっちゃうけどバルコニーに置けば良し。サンルーム費用も浮いて一件落着。

 

ワークスペース

我が家の一番のこだわりは「作業しやすい家にする」事です。2人ともPCを使って自主制作や仕事をする事が多いので、作業環境に妥協はできません。書斎を別室に設けたプランはよく見かけますが、そうなると一緒に住んでるのにずっと籠りっきりでいささか寂しい。何よりわざわざ別室へ移動する手間が発生すると、怠けて仕事しなくなります!これが理由で妻は毎度〆切が近づく度に焦っています。(え、だらしないだけだって?)そこで、新居ではリビングの中にワークスぺ-スを作る事が絶対条件であり、予め要望として出していました。

Tさんプランは北側の窓際に造作のテーブルを作り、2人並んで作業するという案でした。確かに仕事場は北向きが良いって聞きますね。日の強さが一日中変わりにくいので集中できるそうですよ。目の前が窓で解放感もありそうです。

 

ただ、この窓際の造作テーブルは幅180cmくらいの予定なのですが、私達夫婦は時代にそぐわずデスクトップPCを使っており、仕事柄ノートPCの小さい画面では満足に作業できません。それに机上に資料を広げる為、確実にスペース不足が予想されます。今でさえ幅150cmのテーブルをそれぞれ使っていますので…。作業場に必要な広さまで詳しく伝えていなかったのでTさんに落ち度はありません。

この問題は打ち合わせが終わってから気づいたので、急いでTさんへ連絡したところ、「すでにザックリ良い案が思い浮かんでいるので次の打ち合わせを楽しみにしていてください」との返事が。さすがプロ(2回目)。

 

 

最後に。現状のプランはこうです。たぶん大きくは変わらないはず。

  • 1F:寝室(6帖)、予備室(5帖)、浴室、洗面所、トイレ、WIC、土間(6帖)
  • 2F:LDK(20帖)、バルコニー
  • ロフト収納スペース

プランが固まったら、図解でちょくちょく紹介していけたらと思います。