読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

住宅ローンで悩む

お金

f:id:leedoppo:20161120013020j:plain

伊勢旅行中の写真。川沿いのロケーションも憧れます。

 

事前審査通過

ようやくローン事前審査結果が出揃いました。複数審査してもらってました。

  • A(大手銀行):融資不可
  • B(地方銀行):融資可
  • C(信用金庫):融資可

 

Aは物件担保評価が見合わないという事で拒否されました。やはり築古物件は評価厳しいんでしょうか。耐震断熱改修をする前提で予算を提出しましたが、それでも担保に値しないという判断なんですね。自己資金増やすか、新築なら通ったのかも?

Bは職場の取引先の銀行です。さすが取引先だけあって信用あるのかな。担当者が職場まで出向いてくれるので今後の手続きは楽そうです。ただしこちらは保証料がかなり高いです。相場の1.5倍くらい。

CはLeeが給与受取口座を持っている普段使いの地方信用金庫。Bと同条件の金利率を提示してくれました。一般的に信用金庫は銀行より審査に通りやすいと言われているそうですね。銀行が株式会社であり利益を優先するのに対し、信用金庫は地域の繁栄を重視する金融機関という目的の違いがあるんだとか。なんか信用金庫が優しく見えてきた。

 

まぁひとまず拾ってくれそうな所は見つかったので良かったです。この後の手続きにもそれなりに時間がかかってくるので、あまりモタモタしていると着工も遅れていきます。この週末で借入先と金利タイプを決めて申込みしたいと思っています。

 

金利どうする

金利にも変動、全期間固定、10年固定など色々種類があります。期間固定金利は変動より金利が安いものもあって一見良さそうなのですが、固定期間が終わった時が怖いです。他、変動固定のミックスローンもなんか中途半端な気がするので、今のところ変動か全期間固定かで悩んでいます。

 

銀行から提示された金利は 変動:全期間固定=1:2 の割合でした。割合で見れば倍違いますが、ありがたい事に元々の金利自体がかなり下がっている為、数年前に借りた人からすればどちらも安く思えるに違いない。

ただし金利が安いといっても35年シミュレーションすると総支払額に数百万円の差が現れます。毎月1万円強の差はデカいです。このまましばらく基準金利が上がらないと考えて変動で月支払額を抑えるか、大幅な金利変動に備えて固定で安心を取るか。非常に難しいですね。なお、職場の家持ち社員にリサーチした結果はほとんどが変動でした。みんな勝負師か。

 

悩む私とは対照的にそんなに深く考えてない様子の妻。共働きとは言え収入差を考えれば結局はLeeの収入から大半を支払うのだから、金払う方が自由に決めてくれぃという事らしいです。いいのかなそれで…

 

というわけでまだ結論出てませんが、翌日、不動産屋Sさんと詳しく話した上で次のステップへ進みたいと思います。おやすみなさい。