読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

理想の土地を求めて その3

物件探し

前回からの続きです。

f:id:leedoppo:20161116141305j:plain

※例によって画像は記事と関係ありません。近所の道。

 

100万円の約束

マンションを新築中古共に検討した上でやっぱり戸建がいいねとなったわけですが、この時点では中古戸建は考えていませんでした。

理由としては2つありまして、まず中古戸建ては中古マンション以上に目利きが難しいイメージがありました。そしてもう1つは、そもそもI社の商品(性能面)に魅力を感じたのが家づくり計画をスタートしたきっかけの為、I社以外の戸建を検討するつもりはなかったのです。土地探しの日々は続きます。

 

そして今年の3月。I社から仮契約をしないかと提案されました。2020年東京オリンピック需要で建築費が高騰するとよく言われていますが、仮契約金100万円を預けて仮契約を交わすことで現時点の坪単価に固定できるんだそうです。また、大金が動くのでI社側も本腰入れて土地探しに協力するとの事。

今思えば、仮とは言え契約と名のつくものに安易に応じるべきではありませんでしたが、その時は停滞した家づくりを一歩でも前に進めたいという気持ちがあったのかもしれません。他にデメリットも感じなかったので下記条件で仮契約する事に決めたのでした。

  • 3年以内に土地が決まらなければ解約とする
  • 契約者の任意の理由、タイミングで解約できる
  • 解約時は全額返金する

ああ100万円よさようなら。

 

家計簿クリニック

恥ずかしながら頭金に使えるようなまとまった貯金がほぼ無かった私。仮契約を期に貯金計画もきちんと見直そうと、I社のRさんと一緒に月々の収支を細かく計算し、2年以内に必要な頭金を貯める計画を立てました。

 

信頼できる名著『家を買いたくなったら』の中にもこのように書かれています。「家を買おうか迷う前にまずは貯金、話はそれからだ!」と。

貯金してる間の家賃を考えると頭金無くてもすぐ買う方がいいんだ説もありますが、頭金を貯めるくらいの貯金計画すら満足にできないようであれば、本に書かれている通りローンを組んで家買うなんて無謀なのかもしれませんね。まずは貯金がんばるぞい。

 

さぁ我が家のムダを切り詰めていきましょう。

 

スマホ

ソッコーでFREETELに乗り換え。訳あってソフトバンクのキャリアメールが手放せないので、正確にはガラケーとFREETELスマホの2台持ちに。やはり固定費削減は効果高いです。月8000円→2000円。

保険見直し

医療保険:入院日額10000円もいらなかったので減額。月5000円→2500円。
生命保険:2種類入ってたのを1つ払い済みに。月5000円→0円。

※実は見直しついでに違う保険に新規加入したので総額はあまり変わらず。団信保障も踏まえてローンが始まったら減額予定。

趣味の映画

映画館とレンタルをなるべく控えてhuluで我慢。月3000~4000円→1000円。

仕事中の飲食

おやつ:コンビニ通いやめる。昼ごはんをしっかり食べる。うちの職場は社食があるので食費助かってます。月2000→0円。
飲み物:自販機で買うのやめてコーヒー一択で。豆は贅沢なものからUCCの手頃な商品に乗り換え。月3000円→800円。

交通費

基本バイク通勤ですがたまに電車使うと往復420円かかります。これも積み重なるとバカにならない。よっぽどの豪雨じゃない限りバイク通勤で。ゴアテックス活用!月1000~2000円→400円(ガソリン代のみ)

 

減らせるところから減らした結果、夫婦で協力して月々70000円ほど貯金に回すことができました。もちろん賞与も、散財したいのをこらえてがっつり預金口座へ。もっと早く始めておけば良かったです。

 

次回につづきます。

リノベが本格的に始動するまでに思い出話を締めくくらなくては!