読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

家マンガ『プリンセスメゾン』でむせび泣く

雑記

f:id:leedoppo:20161110194112p:plain

独身女性が分譲マンションを購入するお話『プリンセスメゾン』を衝動買いして一気に読んでしまいました。個人的にかなりツボったので軽くご紹介します。いやぁ、すばらしい作品だわ。 

やわらかスピリッツで連載中だそうです。妻が毎週買ってくる週刊スピリッツに出張掲載されてたにも関わらず家の話とは知らずにスルーしており、最近ドラマ化の記事を見て初めて認識しました。ちなみにドラマはまだ観てません。面白いのかな。

 

家を探し始めると家についての作品に興味が沸いてくるものです。家を探す・買う・建てる…という行為は誰もが経験し得る普遍的なテーマだと思うんですが、意外と家を題材にした作品って少なくて、さらにマンションとなると珍しい気がします。私が買ったのは戸建住宅ですが一時期マンションギャラリー巡りをしていた事もありましたので、あるあるネタ的にも楽しませてもらいました。

 

『プリゾン(この略が正しいかは知らない)』が良いなぁと思うのはさらにその先へ踏み込んでいるところです。

こういう専門的な題材を扱う作品はどうしても用語解説が増え、いわゆるうんちくマンガになりがちで、まぁ別にそれが悪いわけでなく逆にうんちくを楽しむマンガも沢山ありますが『プリゾン』はマンション探しという行為を軸にしながら登場人物たちの日常を丁寧に描いています。いやむしろそっちが主軸とも言えますがその生活っぷりがやたらリアルで、分かりやすい派手さとか見せ場は無いんですけどめちゃめちゃ共感してしまうんですね。その一方で、単身女性の持ち家問題だったりとか、どうしようもない経済格差とか、田舎ひとり暮らしの親の話とか、真面目なテーマも入れ込みつつも、セリフは最小限に抑えてるから説教くさく感じさせません。ウマイな~。

 

ちなみに『縫い裁つ人』 の原作も同じ池辺葵さんが描かれているんですね。知らなかった。個人的に映画は微妙でしたが、マンガは読んでみたいと思いました。

 

要するに『プリゾン』はいいぞ。ということで。オススメです。他の家マンガも追々ご紹介できたらと思います。

 

現在3巻まで発売されています。KindleだとAmazonポイントもらえてちょっとお得。