RecoReno 築38年戸建再生記

京都の小さな築38年戸建をフルリノベーションします

The Record of Renovation

2F間取りの変遷 その3

ここまで変わった!2Fの最終間取りとは

前回ご紹介したTさんのアイデア光るセカンドプラン。一旦は納得していたはずの私達。とあるきっかけで再び不安が訪れます。

 

3Dで作ってみた

ぼちぼち家具の検討をしようかな…と図面を眺めていたのですが、平面で見てもピンとこない。ほら、新築だとあるじゃないですか、ミニチュアの建築模型。密かに憧れてたんですけど、我が家はリノベーションなので無いんです。ああいう立体があれば分かりやすいのになぁ。

 

だから3Dモデリングしました。

2Fの3Dパース

続きを読む

2F間取りの変遷 その2

広さを確保せよ。ワークスペース大改造!

前回ご紹介した、一風変わった左官作業台。これ自体はとてもユニークで気に入ったのですが、2人並んで使うには幅180cmでは足りそうにありません。

 

幅だけではなく奥行きの要件も違います。妻は一般的な60cmで事足りますが、私は液晶ペンタブレットを使っているので描く時はタブレットを寝かせる必要があり、最低70cm以上の奥行きが欲しいのです。

液晶ペンタブレット
さらに奥にモニタ増設予定。ますます奥行き厳しい!

続きを読む

2F間取りの変遷 その1

変わりゆく我が家の2Fを紹介

ほぼ決定していたリノベーションの間取りですが、つい先日、大きな変更をお願いする事になりました。既に見積もり段階に入っていたのに、建築士のTさん、工務店のGさんにはホント申し訳ない限り。面倒くさい施主ですみません。

でも、一生に一度の買い物なので、きちんと納得いく形に作っていきたいです。ずっとモヤモヤしながら生活したくないですもん。

 

実は、これまでにも2F間取りは何度か修正を重ねています。それに対し、1Fはほとんど初期プランのままです。やはり私達にとっての重要設備が2Fに集中しているせいかもしれません。

続きを読む

ショールーム探訪【バスルーム編】

道後温泉

ショールーム4社巡りのもう1つの目的は「バスルーム」。

共働きの私達はゆっくり湯船に浸かる事はほぼ無く、シャワーで済ます毎日です。むしろシャワーでさえ「面倒だなぁ」くらいの感覚なのですが、別に風呂嫌いな訳ではありません。入浴までの過程が億劫だからです。あと冬は寒い。

最新の自動湯沸かし&お湯張り機能付きバスルームなら、きっと楽しい風呂ライフが送れるはず?と期待しています。

 

我が家のお風呂に対する要件は以下。

  • 1616サイズ(1坪)
  • 洗面台に向かって右手にバスタブ
  • 小さくてもいいから窓がある
続きを読む

ショールーム探訪【トイレ編】

現代に残されたパーソナルスペース、それは「トイレ」

WCサイン

家族持ちにとって、1人っきりになれる場所は意外に多くありません。

 

通勤中、仕事中、外食中…どこに行っても人がいます。車好きで有名なアンディことTBSアナウンサー安東弘樹氏も、TBSラジオタマフル車特集にて「世の中、本当に1人だけの空間って、クルマの中しかないんですよッ!!」と力説していましたが、他には、鍵をかけて籠るトイレくらいのものでしょう。

我が家のトイレは1畳、それも階段下に位置しているので天井も低く快適空間とはいきませんが、それでも誰にも邪魔されず1人になれる神聖な領域なのです。

 

つまり、トイレ選びは大切って事。

続きを読む